小さな子供のお留守番と防犯対策 /add20180525

子供は何歳になったら一人でお留守番できるか?という話題を耳にしました。

 防犯対策をしっかり意識することで、子供のお留守番も可能になったという声もあります。 

  omakase_rusuban.jpg
子供に関するアンケートなどから見られる傾向として、  

「子供にお留守番をして欲しい」状況は? 

 ・保護者の仕事の都合 

 ・保護者の買い物

 ・学童保育の都合 

 など 

 
一般的に、初めて子供だけでお留守番したのは小学校1年生のときが多いようです。

 
「子供だけが家にいるお留守番」での不安要素は何でしょう? 

 ・電話 

 ・来客 

 ・宅配便 

 ・回覧板 

 ・地震や火事などの災害(キッチンの火の元) 

 など、事故や犯罪に巻き込まれないか不安です。

◆小さな子供がお留守番するときの2つのポイント◆

 Point1, 家族でルールを決める

 Point2, 防犯対策をする

Point1, 家族でルールを決める について… 

 家族で話し合い、お留守番のルールを決める 

 ・鍵をちゃんと閉めて確認する 

 ・知らない電話には出ない 

 ・誰が来てもインターホンに出ない

 など

orusuban_camera.jpg

Point2, 防犯対策をする

スマホの見守り機能、防犯カメラや防犯センサーなど、防犯対策をしっかりしていれば、 小さな子供が一人でいても安心感が膨らみます。

鍵や錠前・補助錠、玄関・窓の防犯、その他のセキュリティなど、子供の留守番に関する防犯対策に不安を感じたら、当店までどうぞお気軽にお問い合わせください。