備えあれば憂いなし! 新年度に向けての防犯対策のススメ/add20181225

渋谷.jpg

平成最後の年末年始、 街はたくさんの人たちで賑わいを見せました。 

昨年、渋谷の街を大いに賑わせたハローウィーンで軽トラックを横転させた若者が逮捕されたニュースがあったのは記憶に新しいところです。 

 
事件当時4万人の中から犯人を特定した決め手は、街に設置された防犯カメラでした。  

あの狂乱状態の中から犯人を特定した警視庁の捜査力には感嘆の声が多数上がりました。 

 

あちこちに防犯カメラが増えてきた日本は、世界でも安全な国、治安がいい国と言われておりますが、ここで犯罪率が低い国トップ10をご紹介。(レガタム研究所調べ)


第10位 スウェーデン
第9位 オーストリア

第8位 スイス 

第7位 ドイツ  

第6位 ノルウェー  

第5位 デンマーク  

第4位 アイスランド  

第3位 日本  

第2位 ルクセンブルク 

第1位 シンガポール 

 
世界先進国と言われる国の中でランクインしているのは、ドイツと日本だけです。
 
そんな日本の中の検挙率をみると、殺人や強盗、放火などの重要犯罪に限って言うと80%を超えている半面、窃盗や器物破損などの軽微な犯罪の検挙率は低くなっております。

 
ホームセキュリティ.jpg備えあれば憂いなしと言います。

 新しい年、また新年度に向けて、軽微な犯罪から身を守る手段を講じてもいいかもしれません。
防犯対策に不安を感じたら、当店までどうぞお気軽にお問い合わせください。