本や映画/DVDなどの個人的感想

Webサイト制作担当のACOOです。

趣味は、読書と映画/DVD観賞です。

 

満員電車やランチ時、休日に読んだり観たりしている本や映画/DVDやドラマなどの感想をユルい感じでつらつらと書き連ねていきます。

 

主観で語りますので、辛口なコメントもあるかと思いますが、どうぞ優しい目で読んで頂けると幸いです。

NO BOOK, NO MOVIE, NO LIFE 2012年

全く更新できずにいたNO BOOK, NO MOVIE, NO LIFE…

まとめて記載しちゃいます。

 

読んだ本

  • ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上下)
  • ミレニアム2 火と戯れる女(上下)
  • ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上下)
  • ガリレオの苦悩
  • 犯人のいない殺人の夜
  • 聖女の救済
  • のぼうの城(上下)

映画館で見た映画

  • テルマエ・ロマエ
  • ダーク・シャドウ
  • のぼうの城
  • その夜の侍

DVDで見た映画

  • ジーン・ワルツ
  • 奇跡
  • 十三人の刺客
  • 阪急電車
  • 英国王のスピーチ
  • 武士の家計簿
  • アウトレイジ
  • 麒麟の翼
  • 探偵はBarにいる
  • しあわせのパン
  • ドラゴン・タトゥーの女
  • カイジ2
  • 五右衛門ロック
  • 薔薇とサムライ
  • 蛮幽鬼

舞台観劇

  • シレンとラギ
  • ボクの四谷怪談

 

履歴をまとめる時に便利なWebサイトがあります。FacebookやTwitterとの連携もできます。

1カ月分のまとめをブログなどの記事にするHTMLを生成してくれるので便利ですよ。

↓こんな感じです。


 

2012年の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:3127ページ
ナイス:36ナイス
感想・レビュー:6件
月間平均冊数:0.7冊
月間平均ページ:261ページ

ミレニアム2 火と戯れる女(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミレニアム2 火と戯れる女(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想
先が気になって一気に読んだ。後半に進むにつれドキドキ感がヒートアップした。2だけでも完結しているが3は続編だということで今すぐにでも読みたい。
読了日:10月18日 著者:スティーグ・ラーソン


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
読了日:7月25日 著者:スティーグ・ラーソン


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上の感想
登場人物が多くて、名前も慣れないし、最初はなかなか進まなかった。 でも上巻の半ばくらいからどんどん面白くなってきた。下巻も楽しみ。
読了日:7月17日 著者:スティーグ・ラーソン

 

2012年の反省と2013年の目標

本を読むのが少なかったと反省…今年はもっと読もうと思います。

上映期間が短かかったり、DVDになるのが以前と比べて早くなりレンタルしやすくなりましたが、やっぱり映画館でもっと映画を見たいです。

 

BOOK/『清盛と後白河院』2012/05/09

 

NHK大河ドラマ「平清盛」を観ています。

学生時代の日本史で習ったことをほぼ覚えていない、平安時代〜鎌倉時代のお話。

知っている事と言えば、源平合戦で源氏が勝って、鎌倉幕府を築いた。

平家物語の『平家にあらずんば人にあらず』と『おごれる者は久しからず』の有名なフレーズのみ

知っていると言えば知っている…

 

残念ながらこの程度です。

 

→続きはこちら(ネタばれあり)

映画/『テルマエ・ロマエ』2012/04/29

2012年4月28日ロードショー 公式Webサイト『テルマエ・ロマエ』 を観賞してきました。

GWと公開2日目ということで、地元の映画館でもほぼ満員でした。

 

原作は未読です。

とにかく「顔の濃い」俳優さんたち大集合ということで、とにかく濃かった。

 

→続きはこちら(ネタばれあり)

DVD/『十三人の刺客』2012/03/25


 

2010年公開の三池崇史監督 役所広司主演

 

時代劇って難しそう!とか登場人物の名前が覚えられない!という方でも大丈夫です。

私もそうですから…

しかし!!!血がドバーっ。とか結構グロテスクなシーンがあるので、

そういうのが苦手な方にはオススメできません。

 

→続きはこちら(ネタばれあり)

DVD/『奇跡』2012/03/20

 

2011年6月公開の映画

是枝裕和監督、兄弟漫才師:まえだまえだ主演

 

是枝監督の映画は2004年公開の『誰も知らない』のみ観賞したことがあります。

 

→続きはこちら(ネタばれあり)

BOOK/『聖なる怪物たち』2012/02/27

第一弾として、2012年1月〜テレビ朝日系列にてドラマが放映されいている『聖なる怪物たち』

ドラマを見ながら先が気になって、原作を読んでしまいました。

 

映画にしてもドラマにしても結果を知りたくないという人が多い中、私は、結末が気になると集中力が散乱してしまうという本末転倒なタイプなので、ドラマが終わる前に一読しました。

→続きはこちら